株式会社 赤門ホームコンサル 【併設】一般社団法人 椿リーガルグループ

東京都東大和市中央4-965-215(東大和市駅から送迎 駐車場:あり(2台))

受付時間

10:00~18:00
定休日:火曜日・水曜日

お気軽にお問合せ・ご相談ください

042-590-2202

おひとりさまの住まい購入ナビ

「おひとりさま」は賃貸暮らしで大丈夫?

賃貸か?購入か?

住まいは買った方がいいのか?それとも賃貸のままの方がいいのか?

購入した方がいいという人もいるし、賃貸が得だという人もいて迷ってしまいますよね。

ですが「おひとりさま」は住まいを購入するべきだと考えます。

賃貸のままだったら、将来まずいかも…

住まいは購入するべき。
20年後の自分に
この選択をほめてもらおう!

不動産購入のメリット

  • 賃貸と違い、貸主の都合で追い出されるようなことがない。
  • 貸したり、売ったりできる。
  • 就業不能時に保険金がおりる住宅ローンもある。
  • 「がん」と診断されたら住宅ローン残高が0円になるローンも。
  • 死亡保険と同じ効果がある。

【解説】

賃貸がいいのか、購入がいいのか、というテーマでよく議論されますが、当社(赤門ホームコンサル)は住まいの購入をおすすめします。

購入をすすめる理由ですが、賃貸住宅に住んでいた方で、歳をとってから帰る場所を失ってしまった人を過去に何人も見てきたからです。

帰る場所を失ってしまう理由は様々です。

アパートを建て替えるので退去してほしいと言われた人もいましたし、入院が長期になったため契約を解除されてしまった人もいました。

また足が不自由になってしまったため、もとの部屋には戻れなくなってしまった人もいました。

いずれにせよ共通するのは、歳を取ってから何らかの理由で今までの住まいに住めなくなると、新たに部屋を借りるのはかなり難しいということです。

家主が高齢者に部屋を貸したがらないという傾向は依然として変わらず残っています。

このような厳しい現実がある以上、住まいは若いうちに購入しておくのがベターだと考えます。

これに対して、賃貸をすすめる人の中には、住宅ローンが返済できなくなってしまったような場合、より家賃の安い物件へ住み替えることができると説く人もいます。

ですが、支払いが厳しくなったような状況で、引っ越し先を探すのは現実的には困難です。(失業中であれば新しく部屋を借りることはできません)

それよりむしろ、住宅ローンの中には、就労が不可能になってしまった場合には一定期間支払いを保障するものもありますし、がんなどの病気になった場合、残高が0円になるような商品もあります。

このような住宅ローンを利用する方が現実的な対処だと思います。

また、住宅ローンのほとんどは団体信用生命保険がついており、ローンを組んだ方が亡くなると住宅ローンが免除されます。

そのため住宅ローンがなくなった不動産を売却すれば、亡くなったあとの手続きにかかるお金にあてることができます。

若い人で、まとまった貯金がない人は、不動産を生命保険のように利用することもできるのです。

(私たちに依頼していただければ、本人が亡くなったあとの手続きを家族の代わりに代行することができます)

【さらに、解説】

自分が亡くなったあとにかかるお金を生命保険で準備したいと考えている人もいるかもしれません。

とくに若い世代は資産形成の途中ということもあり、生命保険を利用したいと考えている人も多いと思います。

ですが、ここには大きな問題があります。

その問題とは、保険金の受取人のことです。

生命保険の受取人は、親や兄弟などの血縁者以外はなることができません。

そのため、親や兄弟がいない「おひとりさま」にとっては、生命保険を利用して自分の死後のお金を準備するということができないことになってしまいます。

そこで役に立つのは不動産です。

住宅ローンの途中で本人が亡くなるようなことがあれば、住宅ローンの残債はなくなります。

さらに遺言書などで不動産の処分などを指定しておけば、指定された人が不動産を換価して、亡くなったあとの支払いに使うことができるのです。

不動産を購入しておくと、このように生命保険と同じような役割を持たせることができるのです。

 

ライフシミュレーション

40歳 マンション購入

(例)最寄り駅より徒歩8分 築19年 1LDK 価格2,150万円 頭金50万円で購入
➡月々78,400円 ボーナス払い無し(25年変動金利 0.925% 8大疾病特約付き)

※シミュレーションでは40歳と若い年齢設定ですので、購入マンションも比較的新しいものになっています。

 60歳 住宅ローン完済

3年に130万円のペースで繰上げ返済
60歳定年時に退職金で残債294万円を支払ってローン完済

 80歳 有料老人ホームに入居

マンションは売却して入居一時金にする(売却せずに賃貸に出すことも可)
(例)入居一時金300万円 月々13万円


入居時に椿リーガルグループの身元保証制度利用

 本人が亡くなったあとは、生前に契約した死後事務委任契約、遺言書に
したがって財産処理、片付け等をしてもらう

当社だけの特徴 【特典アリ】

「買う前の段階」から相談できます。

一般の不動産会社は、不動産を買うために行く場所です。
そのため、いったん接触をもつと、不動産を買うことを前提に話がどんどんすすめられます。

この点当社は、不動産を買ったほうがいいのか、買うとしたらどういう物件をかったらいいのか、など

不動産を買うと決める前の段階から相談することができます。

もちろん相談は一切無料です。

 

老後まで安心な住まいをご紹介します。

不動産を買うと決めた方に対しては、独り身の方が老後まで安心して暮らせる住まいとはどんな住まいなのか、その視点を大切にして物件をご紹介いたします。

また無理のない資金計画の相談にものっています。

身元保証や万が一の手続きのことまで。

「おひとりさま」が今後直面するであろう、さまざまな問題にも対応いたします。

入院時の身元保証人の問題や万が一のことがあった場合の手続き代行なども一緒に相談できます。

【 特 典 】

(株)赤門ホームコンサルの仲介で不動産を購入した方が、一般社団法人椿リーガルグループの身元保証サービスを利用する場合には10万円を補助いたします。

※購入物件価格が1000万円以上の場合に限ります。

※椿リーガルグループの身元保証サービスを詳細はお問合せください。

 

★物件を紹介してもらいたい場合は、希望条件を教えてください。
希望条件にぴったりな物件をご紹介します♪

★すでに気になっている物件があれば、その物件を教えてください。当社が仲介できるか調べます。

★売却したい不動産がある場合はいくらで売れそうか無料で査定しますので物件情報を教えてください。

★家を買った方がいいのかなど悩んでいる方は今の悩みをメールで教えてください。

 

【対応エリア】

※不動産のご紹介は、東京市部・中央線、西武線沿線が中心となります。それ以外のエリアでお探しの方に対しては無料アドバイスを行っています。

なお、不動産売却については東京全エリア対応可能です。

 

お気軽にお問合せ・ご相談ください

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら
042-590-2202
受付時間
10:00~18:00
定休日
火曜日・水曜日(臨時対応可)

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ・相談予約

042-590-2202

フォームでのお問合せ・相談予約は24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

新着情報・お知らせ

2021/04/20
2020/04/11
身元保証の受付を再開しました。

(株)赤門ホームコンサル

住所

〒207-0015
東京都東大和市中央4-965-215
デパール中央1階

アクセス

東大和市駅から送迎
駐車場:あり(2台)

受付時間

10:00~18:00

定休日

水曜日・水曜日(臨時対応可)

身元保証

入院時や施設入所時の身元保証の問題については専門の別サイトがありますのでご覧ください。